キーポン!"KEEEEEPON!"

福岡県出身。DiscoとTequilaをこよなく愛するDJが緩く地味に発信 from HONG KONG。
Top
カテゴリ:music( 16 )
|
|
2007年 11月 05日 |
遂にFundamentals Mix、香港にてドロップ開始!!!
先週のVolarでのパーティー&Shek O Beachでの誕生日パーティーにて色々配りました。



ひとまず先にTracklist公開。
ちなみにこれはCDの裏。
前のジャケは前回のをチェックして下さい。

a0078592_1815122.jpg




CD1は全体的にDisco中心の選曲。

でも一言にDiscoと言っても、最新の曲と比べても遜色のないほど新鮮に聴こえるような80年代や90年代ののElectronic Musicだったり、FunkyなGuitarやHornが印象的な曲だったり、グッと込み上げるVocalモノだったり、1枚のCDの中に色んな要素が詰め込んでいるので、入り込んで聴いてもらえれば66分早いと思います。

個人的には13曲目からラストにかけてが特に思い入れが深いパートで、エンディングが近付いて来てる事が分かっていながらも「まだ止まりたくない」という感じ。

その後14曲目は、福岡の大先輩がよくプレイしていて好きな人も多いはず。
その曲にまつわるエピソードや、オリジナルより大分ピッチアップしてキュートになったVocalなど、一度ハマッたら忘れられない印象的な曲。


最後は生音寄りでElectric PianoとSaxのメロディーで泣けます。

Life Has Changed・・・・・。

香港に来て1年。
人生が変わったかというと、割と順応してる感じなので極端に変わったとは思わないけど、いろんな国の人間と接する事で物事に対する価値観や見方とかは徐々に変わってきてるかもしれない。

それは良い面もあり悪い面もあって、自分としては周りの人間に恵まれていると思うので良い面の方が強いものの、海外で出くわすギャップにはやっぱりたまに悩まされることもあり・・・・・。

ただそういう場面で自分を支えてくれるのは絶対に音楽であり、音楽を通して繋がった友達なので住んでいる場所は変わっても本質的にはあまり変わってないかもしれない。






続いてCD2は、最近僕とJilbertが実際にPartyでBack 2 Backでプレイする時によくかけている様な、もう少しNu-Disco、Tech House。
ブリブリなDisco特有のBasslineはそのままに、伸びるシンセの質感やタイトなキックなど、もっと踊れる感じだと思う。


聴き所は色々あると思うけど、特にMixの細かい部分を楽しんでもらえたら。
頑張って2分とか重ねてる所もあるし、曲の移り変わりもスムーズだと思う。
特に9-10曲目にかけてはJilbertによる気合のLong Mix。
3分以上にわたって長く長く奥深くに入って行きます。



そしてラストの方で13曲目と16曲目。

Jamie LloydというAustraliaのアーティストとJapanese Synchro Systemという日本のアーティストという、僕達2人の母国の曲で最後を飾る。

Jamie Lloydは僕も色違いのジャケットで別の曲を持っているんだけど、通りにたくさんのウェディングドレスを着た花嫁が並んで立っていて、その真ん中に立っている男性は本人?
更にその通りが何とJilbertのSydneyの実家のすぐ近くらしい。


最近myspaceでFriends Requestを出した時に合わせて、そんな話をしてみると早速「新しい曲出来たんで聴いてみてくれよ!」とDownload SiteのLinkを送ってくれた。
こういう形で音楽との関わりが更に深くなるのが、僕にとっては掛け替えのない喜び。


そして最後の曲はもはや説明無用のIll BosstinoとCalmによるユニットJSS。
感情がダイレクトに滲み出ている様なHerpの音色、DubbyなBasslineに合わせてHand Crapが続く。

更にブレイク後からPartyの中の声がそのまま曲に注入され、あたかも自分が本当にそのPartyの中で踊っていたような気持ちになる。

またそこで指笛がピューピュー鳴っているんだけど、僕達の友達でいつもパーティーで指笛を吹きまくってるLindaという女の子がいて、どうしてもその娘が僕達のパーティーのラストで騒いでるようにしか思えなくて。笑


それにしてもこの最後の曲は、僕にとって今までの素晴らしいパーティーの思い出をフラッシュバックさせるような効果があるようで、レコーディング時にMixし終えて最後まで聴いてる時に、不覚にも軽く涙してしまった。





本当に長い時間や労力を費やしたし、気持ちもいつも以上に入っていたし、本当に「時代に左右されない音楽的に良いもの」が出来たと思ってます。



聴いてくれた方は感想など聞かせて下さい。
まだ聴いてない方も日本でも来週末から配り始めますので、是非連絡を下さい。



Contact : fundamentals.hk@gmail.com
[PR]
by yamang | 2007-11-05 20:02 | music |
2007年 10月 22日 |
a0078592_20372395.jpg



もうすぐもうすぐと最初に言い出したのはいつの事だっただろう?
このプロジェクトを始めて以来もう既に半年が経とうとしている。
で、やっと・・・僕達の記念すべき第1作目がもうすぐ届く。

始めから選曲、ミックス、マスタリング、ジャケットのアートワークまでほとんど全て自分達でやった。
それから色々と協力してくれた友達、特にDJ Wendy Wenn、Dan F (Disuye Records)、Charles Yungにはでかい感謝を。

それからこれだけ音楽に対しての価値観や理想像を共有出来たパートナーJilbertと出会えて本当に良かった。
実は2人とも他の誰かとMix CDを作るのは初めてだったんだけど、お互い満足してるし、誇りにも思ってるくらい。

これは僕の今までの人生の中でも最高傑作と言い切ってしまっても過言ではない。
そしてもしアンダーグラウンドなDiscoやHouseに興味を持っていたり、これからもっと深く入って行きたいという人にはきっと一聴の価値があるはずだ。

音楽オタクの為の500枚限定、プロモオンリー。

福岡の地元の友達には出来るだけたくさんの人に会って手渡ししたいと思う。
もし県外や遠方の方には本名と送り先の住所を連絡頂ければ郵送しますので、何か一言メッセージでも何でも下さい。

こちらまで。

fundamentals.hk@gmail.com











when did i say it would be coming soon at 1st time ?
it has already passed for half year since we started this project.
and im sure our memorial 1st work is definitelly arriving soon.

from the beginning, compiling tunes, mixing, mastering, artwork.... we did almost all by ourselves.
and also have to say thanks to friends who supported us, especially for DJ Wendy Wenn, Dan F (Disuye Records) and Charles Yung.

i'm also really appreciated that i could find my mate Jilbert and share the vision of music with him.
for both of us, this is the first time to make Mix CD with someone else but we are satisfied and proud of it, for sure

i won't be afraid to say, it's definitely the best work in my life.
if you have any interesting or wanna go into some underground disco and house music, there must be a worth for checking out.

Only 500 promotional copies for dance music freak.

for my mates in my town Fukuoka, i'd love to see n pass it for those guys as possible as i can.
but for friends in other places, we can send it so jus give us ur name, address and some word, whatever u want to say.

contact ton here.

fundamentals.hk@gmail.com
[PR]
by yamang | 2007-10-22 20:37 | music |
2007年 08月 03日 |
先日のIBIZA BAR (SHENZHEN)でのプレイリスト。
珍しく使ったレコードを綺麗にバッグの中に直せていたので、で〜んと3時間半分。

意味分からない人には、ただひたすら英語が並んでるだけだと思うけど。汗
何処かに好きな曲がある人には、前後の展開が結構面白い内容になってる!!!(かもしれない。)

あと中盤差し掛かる前にはEd Banger祭り、ラストの方ではDubsided祭りと最近の好みがバックリ!
a0078592_1222813.jpg
a0078592_12222899.jpg


でもしっかり古いDiscoも、買ったばかりの新譜も、自分の中の定番曲も色々ガッツリかけれたと思う。
ま〜思いっきりMy Showcaseおっ広げましたって感じで。




Here is the playlist of my gig in IBIZA BAR (SHENZHEN).
It was rare but good for me to put my vinyls orderly so will show 3 and half hours of that.

if someone can't understand, it's quite boring enumeration of english...
But if u can find smt u like here, it might be interesting how the music was going on...

And there are Ed Banger Time in the middle, Dubsided Time at the end.
It means which sounds i love n play lately.

but of course, i played fucking oldskool 80's disco stuff, latest vinyls i got a week b4 and my classics.
It was exactly My Showcase.







23:30 - 3:00


ready to uff / uffie
ode 2 p-funk / marathon man
the girls (micky slim's bomb squad mix) / calvin harris
the girls (groove armada dub) / calvin harris
about us (richard dinsdale's crunchy mix) / colette
st. maria's model / evizoni civitella
pussyfeet / unknown
breathless / unknown
lucky in vichy / gb's
war on the bullshit (black ops mix) / ashley beedle presents.the london heavy disco revue
dancer / gino soccio
lookin' for love / fat larry's band (disco mix)
i want you for myself (special disco version) / ballroom records
galaxy (francois a edit) / visoins of tomorrow
bonfini / the glimmers
destination overdrive (dfa remix) / chromeo
let's make love and listen to death from above (simian mobile disco remix) / css
d.a.n.c.e (mstrkrft remix) / justice
lucky boy (surkin remix) / dj mehdi
cocotte / teenage bad girl
waters of nazareth (erol alkan's durrr durrr durrrrrr re-edit) / justice
dance to our disco (baseball furies remix) / punks jump up
i zimbra (same as it ever was) / talking heads
lack of love / charles b
straight ahead / force of nature
nrds vol.1 / the flying squad
disco circus / martin circus
can you move / modern romance
do ya wanna funk (instrumental) / paterick cowley feat. sylvester
load (bah samba remix) / alexander o'neal
morris (restless soul remix) / bah samba
spirited away / tiger stripes
the polly variation / love supreme
swimming with sharkes (oliver giacomotto remix) / aquaviva & bzenker
blister / johnny ffiasco
jdiots (audiojack remix) / vandal
pace (lutzenkirchen remix) / meat catie & jono fernandez
do it again (extended mix) / the chemical brothers
the dark side of the spoon (bangkok impact remix) / alexander robotonick
fehrara / prins thomas
silver bullet / christian smith & john selway
can you relate / samuel l session feat. paris the black fu
compound (compound m.i.r.k.o. remix) / michael de hey vs grooveyard
a-sided / jesse rose
see me / herve
what you need the most / herve
drum rhythm a (drumlesson mix a by christian prommer) / koop
bongo. bloops, basslines / zero db
everyday like this / jesse rose
[PR]
by yamang | 2007-08-03 11:31 | music |
2007年 07月 06日 |
あれだけずっとのめり込んでたのに、最近の所謂Jazzyな音にはあまりグッと来なくなって来た。


どれも綺麗で良いのは良いんだけど何となく聴こえ方が一緒、飽きたのか?


あんまり色々求めなくても、間違いない名作をいくつか持ってれば充分かな〜なんて気も。
どっちかって言うと、昼間に歩いてたらどっかから聴こえてくるようなPopsみたいな感じで。
何か真夜中に両手挙げて「うおぉぉぉぉ!」ってノリじゃない。




今や楽曲は腕のあるエンジニアがいればコンピューターでどうにでも上手くアレンジ出来る時代。
(実際自分で曲とか作れないので、そんな偉そうな事は何1つ言えないんだけど・・・)



どっちかって言うと、逆に古いJazzやFunk、Discoの生演奏とかから伝わってくる熱気やVibesの方が全然魅力的だったりする。
上手く整えられた綺麗な音楽よりも、Groove全開の生々しい音がもっと欲しい今日この頃。
a0078592_159328.jpg
a0078592_1511446.jpg
a0078592_15121324.jpg





もしくは電子音でしか表現出来ないような脳ミソを揺さぶるElectronic Music。
実際に生音よりもダイレクトに感情を揺さぶる音を電子音で表現出来る人が結構いるってのが凄い。
a0078592_15455195.jpg
a0078592_15461233.jpg
a0078592_15463086.jpg





ちなみに最近の自分のDJではトビ系のElectroとかが多いかも。

でもそういう音で毎週末踊ってると、家ではあんまし激しいのは聴きたくない。
どっちかというとメロウなJazz、Hip Hop、ElectronicaとかChill Out Musicが中心。
本当はたま〜にそういうスタイルのDJもしたいんだけど・・・。



ま〜とにかく何でも良い音楽を素直に受け入れられる ”耳” は出来てると思うし。
聴かなず嫌いなく常にオープンマインドでいたい。



KEEEEEON Listening Music With Heart, Not Only by Ears...........
[PR]
by yamang | 2007-07-06 15:04 | music |
2007年 06月 30日 |
ただ今、マイブロJilbertと共作のMix CD 2枚組を製作中。
この1ヶ月くらいの間に何度もミーティングを重ね、交互にレコードをチョイス。
正直な話、HKでここまで音楽の価値観を共有出来る奴に会えるなんて思ってなかった。

Now I'm working for my brand new Mix CD with my bro, Jilbert.
Had meeting many times in this month and chose vinyls by turns.
Honestly, i never expected i could meet the guy can share my musical sense of values in HK.
a0078592_16164255.jpg








だから2人を繋げてくれた最も重要な要素としてのDiscoを全面に出していく事に。

That's why we push DISCO which is the most important musical element connects us.







1枚目は出来るだけ音楽的に豊かに、生のGrooveも含めて色んなバリエーションの曲をセレクト。

CD1 should be selected like more various music includes raw instrumental groove.







2枚目はもっとHouse寄りでダンサブルに、パーティーで2人で一緒にDJするテンションをそのままCDへ。

CD2 should be more HOUSE n danceable, is exactly like we are DJing together at a party.







JilのOriginal Edit Trackから自分の選んだJapanese Underground Trackまで、きっと充実の内容。

some tune edited by Jil n Japanese Underground Track i chose..... will be cool.







ぶっ通しでBack 2 Backだけど、いい感じのストーリーが出来そう。

Will keep Back 2 Back from beginning to the end but for sure to make good story.







アートワークもJilがイメージして描いたHong Kong Skyscraperのアウトラインに自分の「遊び的アイディア」を乗っけたやつを、グラフィックデザイナーのWymanにいじってもらう予定。

Jil drew an outline of Hong Kong Skyscraper n i'll add smt funny stuff n will ask our frds Wyman who works as a graphic designer to arrange that.







日本版はやっぱりak.にお願いしないとな〜。
どっか日本のレコード屋にも置いてもらいたいし。

I should ask ak. (my man in FUKUOKA) for Japanese Edition.
And also wanna ask some record shop to handle that....







ちなみに2人とも誰かとMix CDを作るのは始めてで、タイトルは今の所・・・

Btw, it is the first time for ourselves to collaborate with someone else to make Mix CD.
And the title will be.....







"Fundamentals Mix Double Disc Set - Mixed by Jilbert & Taku -"







でも日本ではずっと名字のHIRAYAMAでやってたから何か違和感あるかも。
彼とはこれからも色々一緒にやるだろうし、もうユニット名とか作るかな???

I'm known as HIRAYAMA in Japan so might sounds bit strange.
But I'll keep working with him til the future.
Should make our own project name???







ちなみに "Fundamentals" は「Original、Base、Core」みたいな意味。

"Fundamentals" means same as like... "Original, Base, Core"







ま〜今の世界でOriginalって断言出来るものはそういっぱいはないかもしれないけど、自分達の出会い、境遇、そして現在に至るまでの過程を考えれば、これはOriginalって言っちゃったとしても、そう非難は飛んで来ないのでは・・・と思ってる。

I'm not sure there are not so many things can be called ORIGINAL but think about our encounter, situation, process to now, i'm not afraid to call it ORIGINAL.







香港在住の日本人&オーストラリア人によるDisco Sessionなんて他に絶対いないでしょ!!!

U never heard The Disco Session by a Japanese & Australian in HK !!!!!
NEVER !!!!!







乞う御期待!!!!!

Coming soon !!!!!







We Never Give U Any Fucking Shit!!!

a0078592_16192326.jpg

[PR]
by yamang | 2007-06-30 13:02 | music |
2007年 06月 29日 |
初めて"ホンモノ"のElectronic Musicというのに出会ったのは、高校1年生の頃。



意外なのか自然なのかは分からないけど、実はChemical Brothersの1st Album "Exit Planet Dust"。
a0078592_1246524.jpg




イマイチ楽しくなかった高校生活で、何かと通学の音モ達だったのはDerrick MayとJeff MillsのMix CDだったり。(どっちも今は廃盤だけど超名盤!)

満員電車でStrings of Lifeを聴きながらニヤニヤしてたような、きっとネクラな高校生だったに違いない。
a0078592_12462088.jpg
a0078592_12464489.jpg





ちょうどDrumn' Bassが一息ついてBig Beatが全盛期みたいな頃だったと思うけど、高3くらいからクラブに行き出すようになって段々JazzとかHouseとかにズッポリ。


そのきっかけはやっぱり当時O/Dでやってたイベント "Records" 。
通い続けているうちにあんな人やこんな人に出会ったりして、とにかく全部ここがきっかけだった。
多分今考えたら相当凄い数の友達が、同じ夜に同じ場所で踊り狂ってたに違いない・・・。




で、自分はいつの間にか気の合う仲間達とDJ始めたり、いつの間にか色んな音楽聴いてたり、いつの間にか色んな仲間も出来てたり。


ネクラな音楽オタクは、いつの間にか割と陽気になってテキーラとかテキーラとかテキーラにズッポリ。
a0078592_1317185.jpg





いや〜人間って結構変わるもんだ。




冒頭から話がだいぶ反れたけど、ここで言いたかったのは、つい最近 "Chemical Brothers" がニューアルバムをドロップ。
a0078592_1247345.jpg
その中でもずば抜けてヤバいトラックがあって、今超お気に入りの "Do It Again"。


どんだけ有名になってヒットチャートの常連になってもやっぱり "ホンモノ" のスタンスは変わらない。



で、先週末のYumla。
いつも以上に込んでて4時を回っても超満員。
そんな状況でMy Sista、Wendyが "Do It Again" をプレイ。
もう全員発狂しまくりで飛び跳ねる、飛び跳ねる。
2メートル近くある大男までガンガン踊りまくる始末で、店がぶっ壊れるんじゃないかと思うくらいの勢い。

小箱ながらにもすんごいエネルギーが伝わって来て鳥肌たった。
久々にガツーンと衝撃を受けた1発。




"ホンモノ" っていうのは素人も蔵人関係なしにブッ飛ばしてくれるもんだ。

a0078592_13182482.jpg

[PR]
by yamang | 2007-06-29 12:33 | music |
2007年 01月 04日 |
レコードを直に触って考えれなかった上に、HDD内のデータも消えてしまったのもあり、じっくり選ぶのは不可能!

と言う事で、ほぼ全部「今現在PC内にある曲」だけで割り切って考えた、2006年のMy Best Sounds。




去年のヒット曲、名盤、皆さんもよく知ってる曲も多いかと思います。





◆DJでよくかけた曲

・Another Station / Lindstrom 
(After Hoursの大本命!始めてフロアで聴いた時ちょっと泣きそうになった。)

・Eurodans / Todd Terje 
(フロア、ラウンジ、Mix CDとにかく何処ででもひたすらかけてました。)

・Dreamin' / Loleatta Holloway 
(Classics!愛が欲しかったんす、きっと。何時聴いてもスバラシイ!)

・Leaving This Planet -Warp Factor 8- / Damn! 
(Loft Classicsのカヴァー!超ファンキーで激シヴなJazz Breakbeats)

・Let the Drums Speak (Phil Asher's Restless Soul Mix) / Bah Samba 
(使いやすい!気持ちいい!でお世話に。でも最近はOriginalの方が好きだったりも・・・。)

・Ready To Uff / Uffie 
(無敵のアイドルです。Bugz In The Atticとよく合います。)

・Snakes And Ladder / Sly Mongoose 
(皆かけてた大ヒット曲!実はRub'N'TugはこのRemixで知りました。最高!)

・Straight Ahead / Force of Nature 
 (ベースブリブリかつドープでロッキン!これもMix CDで収録。拳上げて踊れます!)

・Sunrise (Radio Slave Remix) / Norah Jones 
(今年とにかくいろんなパーティーのラストチューンとなっていたのは間違いなくこの曲!)

・No Tigers In Africa / Tiger Stripes 
(Deep - Tech HouseのCrossover具合がいい感じ。ピュンピュンって音がカッコイイ!)






◆家でよく聴いた曲

・Awakening / Armad Jamal
(今年はあんまり生音のJazz聴かなかった気もしたけど、やっぱりEvergreenな名曲として。)

・Disco Devil / Lee Perry & Max Romeo
(部屋真っ暗にしてヘッドホンで大音量で聴くと首痛くなるまで頭振れます。)

・Little Ease (Lindstrom and Prins Thomas remix) / Brennan Green
(メロウで変態。長い曲なのにハマって聴いてるとビックリするくらいあっと言う間に終わる。)

・Ordinary Joe / Nujabes Feat. Terry Callier
(まさかNujabesがこの曲をカバーなんて思いもせず・・・しかも本人が歌ってて悪いわけがないっす。)

・Ordinary People / Neet
(あのDJ NoriさんもプレイしたLive ver.。某女王が歌った曲の中でもこれが多分一番好き。)

・Retrospect For Life / Common feat. Lauryn Hill
(超哀愁たっぷりのメロウHip Hop。Commonのこういう感じの曲は全部泣けます。)

・Sasuke / Sunaga t Experience
(実はElactronicaファンにオススメ!さすが大御所。さらりと先行ってると思います。)

・Scuba / Little Big Bee
(無心になって海底でダンス・・・。気持ち良すぎて天に召されます。一生聴ける!)

・Thinking About (DJ Mitsu the Beats Remix) / Bakura
(カットアップされた声が頭から離れなくなって、気付けばしょっちゅう針を落としてたような気が。)

・殴雨 / Shing02
(ダイレクトに胸に響く名曲。もしここ、香港で辛い時に聴いたら100%泣くだろう。敢えて置いて来た。)






◆ブッ飛ばされた曲

・Broadway / Sebastien Tellier
(この人の曲全て最高すぎ。しかもRemixまで一切抜かり無し。Perfect!)

・Dub Shanti (Kaoru Inoue Remix) / Goro
(地響きの様にドープな低音。Long Journeyさせてもらえます。)

・Further Into the Future / Prins Thomas
(今も聴きながら首や手足が止まりません。長いけどラストまで聴きたい!)

・I Feel Space (Freefom Five Remix) / Lindstrom
(いっぱいRemix出た中でもこれが一番キチガイ系!優しくて極悪!)

・Just The Two of Us / Ino Hidefumi
(名曲が全く違う曲に聴こえる!実は1stの7inchから持ってる。Live観たかった、本当に。泣)

・Knucle Dub / Kentaro Takizawa
(爽やかなアルバムの中に1曲だけひたすら漢気トラック。超ドープ!)

・Oh My Gosh (Bugz in the Attic Remix) / Basement Jaxx
(実は初めて聴いた時、Britony Spearsかと思った。こういうPopでElectroって、ありそうでない絶妙なバランス!)

・Spin Street / DJ Baku
(凄すぎ!これからHip Hop〜Drumn'Bassの時は100%かけるでしょう。発狂確実!)
       
・Too Much Love (Rub'N'Tug Remix) / LCD Soundsystem
(2006年最強の1曲!ってまだ受け取り待ちなんスけど。DFA船便遅すぎ・・・もう待てん!!!)

・Where We At (Version 3) / Henrik Schwarz, Âme, Dixon Feat. Derrick L. Carter
(超ストイック男声モノのTech House。でもとにかく去年は「Rej」でしたね。漢らしすぎます。)






◆はまったアルバム

・Afro Strut / Amp Fiddler
(いろんな音楽の要素が最高にいいバランスで配合された、超良質Black Music。オトナ。)

・Back In The Doghouse / Bugz In The Attic
(やっとアルバム出したBugz。分かりやすくて入りやすい、でも質の高いBrokenbeats。結構Electroっぽい。)

・Big Bang Theory / Gagle
(100回は聴いたと思う!名曲揃い。あとずっと「屍を超えて」のInst出ないかなぁ〜って待ってます。)

・Cro-Magnon / Cro-Magnon
(Sunset Liveでも最前列で叫び踊った最高の生Disco!やっぱバンドってスゲェ!真っ黒!)

・Expe / Teera
(宇宙に飛ばされるSpace Guitarは、ここでは波の音とシンクロして大自然の中に放り込んでくれます。)

・Juzu a.k.a Moochy / Momentos
(楽器、プログラミング、エンジニアリングまで自分でこなしてるとか。良い音環境でじっくり聴き込む程暖かい。)

・Love Is The Answer / Dwight Tribble & The Life Force Trio
(現代版Spiritual Sound。Sa-Raが絡んでいるあたり、ブッ飛び方が他とは別格!完全に明後日向いてます。)

・Sleep Walker / The Voyage
(もはや説明不要の日本が世界に誇るJazz Band。もちろん一生聴き続けます。)

・We Are Together / Kuniyuki Takahashi
(Live Performanceも最高だった!生楽器の音色と繊細なプログラミングが自然に融合した超傑作!)

・Waterman / Little Big Bee
(アルバム通してものすごいたくさんの要素が詰め込まれてるのに、すごく聴きやすい。緻密。深い。暖かい。)






◆今年DJでかけたい曲

・Beware of The Bird / Claude Vonstroke
(最近香港にて発見。Henrik Schwarzにも通じる所のある、キレててメロディアスなTech House。)

・Conga La Gotta (Key2-Nah4 Mix) / Dachambo
(EYE!絶対香港でこの曲知ってる人いないでしょう。泡の音でブッ飛ばしたい!)

・Decapitated Orgasms / Five Deez
(最近改めてFive DeezのRapの掛け合わせが最高!)
  
・Electromagnetic (Tiefschwarz Dub) / Freeform Five
(やっぱり最近こういうちょい派手でイカレた感じのElectroが好きみたいです。)

・Samurai (Yukihiro Fukutomi Remix) / Jazztronik
(だって日本人ですから!このRemixの方がロングミックス栄えしそう。)

・Silver Bullet (Slam Remix) / Christian Smith & John Selway
(香港にて発見。聴けるMinimalって長持ちしそうでいいっす!)

・Renaissance / Vince Watson
(香港にて発見。深くて綺麗で、更に黒さも備えた妖艶なTechno。Planet-e。)
  
・Rocker / Alter Ego
(今更ながらやっとアナログ発見したんで。しかも香港で。超ブリブリ!)

・Tenjin To The World / Olive Oil
(だって福岡人ですから!タイトルからして異国でかけてやりたいっす、これは!)

・????? / Mantis
(だって博多人ですから!Hakata Original Hip Hop Junkie Style!)





意外とPCの中だけでも拾えるもんだな〜。
って言うよりむしろもっと聞き込みが必要と実感・・・・・。
[PR]
by yamang | 2007-01-04 13:07 | music |
2006年 11月 15日 |
機材トラブルに見舞われ敢えなく取り直しになった4作目は、今の自分にとって一番好きな路線。

Disco Dub、Electro Disco、Rockなどを中心とした感じです。
最近よく「ブリンブリン」って表現を使うんだけど、シンセとかベースの音が本当に耳じゃなくて体に入って来る感じで、もっぱらこの手の音楽がフロアでかかってると、つい足が最前列に・・・。
とにかくHouseやTechno、Breakbeats、Rockや色んな要素が詰まってて、Crossoverというよりはもう完全に混ざっちゃってる「Blend」感っていうのが今のDiscoの醍醐味なのかも。
やっぱりもうダンスミュージックないと生きて行けない!!!
って、全然内容の解説になってませんが・・・・・。

とにかくこれからちょっと離れた土地に住みながらも、ずっとこの感覚は忘れたくないし、忘れたくても忘れられないだろうし。

とりあえず今行きたいとこまで行けました。



01. Ready To Uff / Uffie
02. Ode 2 P-Funk / Marathon Men
03. Booty La La / Bugz In The Attic
04. Gimme 5 / Unknown
05. Danger (The Bomb) / Tonite Only
06. White Dwarf (The Juan Maclean Remix) / Chicken Lips
07. Factory / Sumo feat. Rigas
08. Time 4 Action / The Glimmers
09. Squelch (Amplified Orchestra Remix) / Hubtone
10. The Dark Side of The Spoon (Lindstrom and Prins Thomas Remix ) / Alexander Robotonik
11. I Wish You Were Gone (Dub Version) / Joakim
12. One Dollar Race / Innocent Sorceres
13. No Tigers In Africa / Tiger Stripes
14. Straight Ahead / Force Of Nature
15. Conga La Gotta (Key2-Nah4 Mix) / Dachambo
16. Black Skinned Blue Eyed Boy / Map Of Africa
17. Foutre Lag / Drrtyhaze
18. New York City (Rub'N'Tug Inst) / Beastie Boys
19. Rain Fall Down (Ashley Beedle's Heavy Disco Vocal Re-Edit) / The Rolling Stones
20. Oriental / Peru


昨日と今日と明日が出逢う瞬間に感謝を。
[PR]
by yamang | 2006-11-15 14:16 | music |
2006年 11月 10日 |
続いて3枚目。
こちらはひねり一切ナシのInst Jazz Hip Hop。(笑)
自分で言うのも恥ずかしいくらいのメロウトラックのみです。
よっぽど落ち着きたい時でない限り、ずっと聴き続けるには退屈でしょう。
でも個人的に思い入れの深い曲もいっぱい入ってます。
疲れた時のアロマテラピー的癒し系Mix。
聴いてるか聴いてないか分からないくらいの状態で聴いてもらうのが、きっと一番気持ち良いかと思われます。 (笑)
(正直まだ4,5曲は詰めれたなという感も。爆
          まぁ、メロウだからゆったりまったりで問題無しという事で。)




01. Remember ? / Himuki
02. On The Moon / Time Machine
03. The Times / Harvey Lindo
04. GPK / Himuki
05. L.L.S. / Senn
06. Imprivise / R.I.C.A.N.
07. Hope (DJ Mitsu The Beats Remix) / Pete Philly And Perquisite
08. Ultrasonic (Shin-Ski's Sacred Sonic Remix) / Fine Artz
09. Check The Blueprints / Kero One
10. Resurrection / Common Sense
11. Pursuits of Clarity / DJ Mitsu The Beats
12. 軌跡 / Libro
13. Faithful / Common
14. Retrospect For Life / Common
15. Dear You / Asheru and Blue Black
16. After Party / Gagle
17. Unde The Hood / Specifics
18. Somehow / DJ Tonk
19. Chit Chat Cat / DJ Kou-g a.k.a Grooveman Spot
20. Good Morning / Insight
21. Imagine / DJ Nu-mark and Pomo

Compiled & Mixed by Taku Hirayama (2006.11.10)
[PR]
by yamang | 2006-11-10 22:19 | music |
2006年 11月 10日 |
同じHouseでもこっちはVocalモノや、Jazzyで柔らかい感じのトラック中心のMixです。
特別に派手な曲やアッパーな曲はなく、全体的にしっとり落ち着いた感じのMixだと思います。
後半〜ラストにかけては、夜中にまったりというイメージの曲の背後から徐々に姿を見せようとする太陽をイメージしてました。
昼夜問わず、ライフスタイルにはめれたらと思いながら。



01. Misery (Lil Louis Extended Club Mix) / Kimara Lovelace
02. Slowly / Glenn Underground & Matt Hughes feat. Swaylo
03. Always (Restless Soul Peaktime Mix) / Lisa Shaw
04. Away (Musiclovelife Love Mix) / DJ Mitsu The Beats feat. Lady Alma
05. He Loves Me (Illegal Remix) / Jill Scott
06. Summer Maddness (Moody Mix) / Jerald Daemyon
07. Come To Me (Frank Roger Dub) / Roy Ayers
08. Make Sure You're Sure (Shelter Vocal) / Stievie Wonder
09. Heavenly / Scuba
10. Free Yo Mind (Inner Sound System Vox) / Anthony Nicholson present. William Kurk
11. Feeling Fine (Ricanstruction Vocal) / Markus Enochson
12. Star Chasers (Masters At Work Main Mix) / 4 Hero
13. K.G.O. / Little Big Bee
14. Fracture In My Soul (Markus Enochson Mix) / Don Freeman
15. One Day (Backroom Mix) / The Backroom Bandits feat. Kurt Elling
16. Sconsolato (JK Re-Edit) / Unknown

Compiled & Mixed by Taku Hirayama (2006.11.10)
[PR]
by yamang | 2006-11-10 16:07 | music |