キーポン!"KEEEEEPON!"

福岡県出身。DiscoとTequilaをこよなく愛するDJが緩く地味に発信 from HONG KONG。
Top
2006年 10月 19日 ( 2 )
|
|
2006年 10月 19日 |
こないだいつもお世話になってるtatsuishiさんと「ちょっと香港行く前にゆっくり飲み行こうよ」という話をしてたんだけど、急遽予定変更して、一緒にfukuさんの家に夜中遊びに行った。

そこにいた人達と話した事は、かなり強烈に頭に残ってて、今後も決して忘れずに心の中に置いておきたい感じだった。


繊細な価値観がどんどん失われて行く中、何を大切にするべきなのか。
決断しないといけない時、何処で判断の線を引くのか。
経験値とは。
自分の人生の背景とは。
旅とは。
親とは
子とは。


すごく色々と考えさせられる事が多く、これから1年どうなるかは全然予想付かないけど、自分の経験値を上げるには絶好の機会。
とことんやってやろうって気合入った。


やっぱ、あの人と話すとすごく素直になれて、何が正しいのかっていうのを自分の頭でしっかり考えるきっかけをもらえる。
すごいポジティブで、元気付けてもらえる。



人生にマニュアルなんてない。
でも尊敬出来る人や理解のある人と話すと、ちょっと不安な事があっても自分で考えて、その考えに対して自信や責任が持てると思う。
よくある話に乗っかるのではなく、「じゃあ自分ならどうする?」って先に考える事が重要。


だからそういう話を腹割って出来る人が周りにいっぱいいる、という意味では自分は本当に恵まれてる。


こんなに有難い事はない。


だから頑張れます。



そしてtatsuishiさん、fukuさんから教えてもらったある本を昨日買った。
a0078592_1555245.jpg
BE HERE NOW
心の扉をひらく本



思考凝らしながら熟読したい1冊。
[PR]
by yamang | 2006-10-19 01:03 | other |
2006年 10月 19日 |
一昨日、いつものようにヒデんちに泊めてもらった。
そしていつものように昼前に目を覚ますと・・・
a0078592_22515754.jpg
何でイスの上に帽子と「うまかっちゃん」???

後で本人に聞くと全然買った記憶もないらしい。笑
腹減ってたなら普通にカップラーメンにしとけばれば良かったのに、何でまたわざわざ・・・。
流石に狙って出来る事じゃないな、この酔っぱらい!





そして西新で角打する予定だったので地下鉄の駅へ。
「天気もいいし中央公園を通って行こうぜ」って話しながら歩いてると・・・
a0078592_231136.jpg
?????




「犬ってさぁ・・・眉毛あったっけ???」
「いや、ないよな。確実に。」
「そうだよな。」

「これさぁ、書かれてんのかなぁ???」
「書かれてるよな、きっと。」
「そうだよな。」


って話してると、隣からその飼い主が登場。
彼はまだ24歳。
東京を出てから2年間、日本各地をヒッチハイクで放浪の旅をしてるらしい。
自分で絵を描いて売ったりしながら生計を立ててるとか。
チャレンジしてるなぁ。

俺も犬飼う時は眉毛書いてやろう。





そして西新へ。
実は学生時代からお世話になってたある喫茶店が年内で閉店してしまうと聞いて、数日前から「花束とか買って行かねえとなぁ」って話してて。
a0078592_235504.jpg
ここに男が2人並んでるとちょっとキモイかもな。



ここに来ると「あの頃は・・・」みたいな話になる。
a0078592_014076.jpg

まぁ、青春時代を過ごしたような感じもある店で、自分にとってはこの店を絡めたエピソードがとにかく多い。

そしていつものおばちゃんの一言。


多分、来れるのはもう今日が最後と思ってフンパツ。
a0078592_03137.jpg
土曜なら日替わりで\550!で食べれる「ミックスフライランチ」。



店内に程よく小さな音楽で流れる音楽。
飯食ってる僕らと同じカウンターの端で本を読むおばちゃん。
いつも特別これといった会話はしない、でもそんな「おかまいなく」感が大好き。



食後のアイスティーを飲みながら、初めておばちゃんと色々話してみた。
閉店の話をすると「誰から聞いたの?」って驚かれたけど。笑
そのいきさつを話した後、お店の事をいろいろ聞くともう今年で26年になるそうで。
自分と「同い年」なんだなぁと思うと、すごいジーンと来た。
来月から香港に行くので多分これが最後でっていう話もしたら、おばちゃんも一度行った事があったらしく、「ゴミゴミした街で大変だろうけど頑張って。」と。


そしてお会計後、ヒデと2人で「少し早いですけど、長い間お疲れ様でした」と言って花束を渡した。
するとおばちゃんはちょっと涙ぐみそうになりながらすごい喜んでくれて。
それ見て何かこっちまでちょっと泣きそうになった。




やっぱり人に気持ちを込めて花を渡すのっていいな。





実は店の前で一緒に写真撮りたかったんだけど「それだけはカンベンして」という事で断念。

おばちゃん、本当に長年お疲れ様でした。
しばらくゆっくり休んで、またやりたいこと頑張って下さい。
それとお体には気を付けて。




ごちそうさまでした。
[PR]
by yamang | 2006-10-19 00:35 | diary |