キーポン!"KEEEEEPON!"

福岡県出身。DiscoとTequilaをこよなく愛するDJが緩く地味に発信 from HONG KONG。
Top
"Real One"
2007年 06月 29日 |
初めて"ホンモノ"のElectronic Musicというのに出会ったのは、高校1年生の頃。



意外なのか自然なのかは分からないけど、実はChemical Brothersの1st Album "Exit Planet Dust"。
a0078592_1246524.jpg




イマイチ楽しくなかった高校生活で、何かと通学の音モ達だったのはDerrick MayとJeff MillsのMix CDだったり。(どっちも今は廃盤だけど超名盤!)

満員電車でStrings of Lifeを聴きながらニヤニヤしてたような、きっとネクラな高校生だったに違いない。
a0078592_12462088.jpg
a0078592_12464489.jpg





ちょうどDrumn' Bassが一息ついてBig Beatが全盛期みたいな頃だったと思うけど、高3くらいからクラブに行き出すようになって段々JazzとかHouseとかにズッポリ。


そのきっかけはやっぱり当時O/Dでやってたイベント "Records" 。
通い続けているうちにあんな人やこんな人に出会ったりして、とにかく全部ここがきっかけだった。
多分今考えたら相当凄い数の友達が、同じ夜に同じ場所で踊り狂ってたに違いない・・・。




で、自分はいつの間にか気の合う仲間達とDJ始めたり、いつの間にか色んな音楽聴いてたり、いつの間にか色んな仲間も出来てたり。


ネクラな音楽オタクは、いつの間にか割と陽気になってテキーラとかテキーラとかテキーラにズッポリ。
a0078592_1317185.jpg





いや〜人間って結構変わるもんだ。




冒頭から話がだいぶ反れたけど、ここで言いたかったのは、つい最近 "Chemical Brothers" がニューアルバムをドロップ。
a0078592_1247345.jpg
その中でもずば抜けてヤバいトラックがあって、今超お気に入りの "Do It Again"。


どんだけ有名になってヒットチャートの常連になってもやっぱり "ホンモノ" のスタンスは変わらない。



で、先週末のYumla。
いつも以上に込んでて4時を回っても超満員。
そんな状況でMy Sista、Wendyが "Do It Again" をプレイ。
もう全員発狂しまくりで飛び跳ねる、飛び跳ねる。
2メートル近くある大男までガンガン踊りまくる始末で、店がぶっ壊れるんじゃないかと思うくらいの勢い。

小箱ながらにもすんごいエネルギーが伝わって来て鳥肌たった。
久々にガツーンと衝撃を受けた1発。




"ホンモノ" っていうのは素人も蔵人関係なしにブッ飛ばしてくれるもんだ。

a0078592_13182482.jpg

[PR]
by yamang | 2007-06-29 12:33 | music |